【看護師転職】喫煙可能な病院の求人募集をゲットするコツ

仕事中タバコが吸えるような職場なんてあるの?看護師が転職するなら、これが正解です。

タグ:看護師転職喫煙可能

はじめは、先輩が吸っていたり同期も吸い出していたので、流れに乗って自分も形だけ吸っていたものの、いつしかタバコが手放せなくなっていました。

一時期は彼氏よりも数本数が多いんじゃないか?というくらい吸っていて、さすがに1日で2箱吸ってしまったときには、自分で自分に引いてしまいました。



今は2日で1箱に抑えるようにしていたものの、それでも、仕事中に吸いたくて吸いたくてたまらないときには、隠れキリシタンの様にこっそりとプカプカさせていました。

タバコを止める努力もしたほうが良いのかもしれませんが、私の場合、煙草を吸うのが良いストレス発散になっていたので、禁煙という選択肢は1ミリも考えられませんでした。



そこで、もっとおおっぴらにタバコを吸うことはできないんだろうか?と、喫煙可能な病院があれば、職場を変えたいなとかんがえるようになりました。



■病院探しのコツ

転職する人たちって、人間関係に疲れたとか、もっとキャリアアップしたい!スキルを伸ばしたい!という人ばかりだと思っていたんですが、別にそんなことはないんですよね。

「タバコが吸えるようになりたい!」みたいな、ごく個人的な事情で転職を考える人も案外たくさんいるらしいんです。




で、どうやったら喫煙可能の病院が見つかるのかというと、結論から言ってしまえば、片っ端から調べていくしかありません。汗

病院側としても看護師の喫煙を認めているなんて、一般公開しにくい情報だったりするので、ネットでちょっとググった程度ではわかりにくいものがあるんです。



逆に、喫煙できると聞いて入職してみたものの、喫煙できる時間も場所もかなり限定されていて、実質的に、ほぼ吸えないような制度だったりすることもあるんです。

こういう事態を避けるためには、とにかく良い病院・施設を見つけなきゃいけないわけで、そこで頼りになるのが転職サイトの転職エージェントさんです。




看護師専門の転職サイトがいくつもあるので、できることなら場、見つけたところには片っ端から登録をしていくべきです。どこも無料なので、お金はかかりません。

ただ、使い勝手のことを考えると、私がオススメする3つのサイトに登録をしておけば十分じゃないかと思います。




■実力のある人に担当してもらおう

看護師専門の転職サイトには、一般公開されていない非公開求人情報も豊富に取り扱っています。むしろ、非公開求人情報の方がボリュームは多いのかもしれません。

溺れそうになるくらい大量の求人情報があるんですが、「喫煙可能」なんて、一般情報ではわからない条件だと、自分で探すよりも、絶対に転職エージェントさんに動いてもらうべきです。



転職エージェントさんは、病院の内部事情にもかなり精通をしていて、人間関係であったり研修体制の実行具合など、突っ込んだ情報も握っているんです。

喫煙可能かどうかも、転職エージェントさんにお願いをすれば代わりに調べてくれるので、調査結果を上げてもらうのも待つだけで良いんです。



ただ、やっぱり転職エージェントさんのスキルや経験にかなり左右されるなぁ、という実感があります。

私の場合、10サイト以上は使ってみたんですが、キチンと動いてくれたのは3サイトだけ。残りは、さっぱり動いてくれなかったり、こちらがせっついて、ようやく、重い腰を上げてくれた、という漢字だったんです。





■おすすめの転職サイトがここ


喫煙可能な病院を探すために私が最後まで使い続けたのこの3サイトです。

【看護プロ】転職成功でお祝い金10万円もらえる!



【ナースではたらこ】入職後のアフターフォローも充実!



【ナースパワー人材センター】上場企業運営・年間10万人以上利用の老舗






最初から経験のある転職エージェントさんが担当してくれたし、途中で担当がコロコロ変わるようなこともありませんでした。

喫煙以外の条件に関しても、現実的ではない点については、キチンとアドバイスをしてもらうことができたので、無駄に高望みをして、転職のチャンスを逃すこともありませんでした。



おかげさまで、1時間に何度もタバコ休憩に行くようなことがなければ、勤務中でも喫煙を認めてもらえる病院へ入職。

隠れて吸わなくても良いんだ!という開放感のおかげなのか、むしろ以前よりも煙草を数本数を減らすことができました。





禁煙が一番つらいのって、ニコチンがちょうど切れ始める2~3日目ですよね。この時の禁断症状を乗り越えられれば、禁煙期間を長くできる期待が持てます。
ただ、どうしても定期的にタバコを吸いたくなってしまうものです。習慣的に身についた行動って、繰り返したくなる欲求を抱えてしまうらしいです。

タバコを吸いたくて吸いたくて、イライラするほどになってしまったら、脳内でセロトニンの分泌を促すような対策をするのが効果的らしいです。
セロトニンが多く分泌されることで、ニコチンによるイライラや欲求を抑えてくれるんだとか。

具体的には、半身浴をしたりアロマを使ってリラックスするのでも良いし、運動も効果的。運動は同じリズムの運動繰り返すのが良いらしいです。
単純に歩くだけでもセロトニンを分泌を促す運動になるらしく、体がちょっと疲れたなと感じる20~30分くらいの運動量がセロトニンの分泌を促して禁煙できますよ。


↑このページのトップヘ